野毛の名店 – 「三陽」へ行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


横浜の飲み屋街である野毛の有名店と言えば、とんねるずの「きたなシュラン」で3ツ星を獲得した「三陽」である。
たしかに決してキレイとは言えないが、不思議な魅力のある店だった。

決してキレイではないが、きたなくはない。古いという感じ。黄色がちょっと多めの街の中華料理屋という感じが一番近いのではないだろうか。

人気メニューは、餃子とニンニクのから揚げとのこと。

ちょっと下ネタ気味のメニューが多い。。。
そのあたりの好みは結構分かれるかもしれない。
メニューは店主が決めているとのことで、ネーミングは口から出まかせで決めたとのこと。
不思議である。餃子も正式名称は、「毛沢東もビックリの焼き餃子」という。

ハイボールを注文すると、炭酸がビンで出てきた。これは嬉しい。店の雰囲気から中国の人がやっているのかな?と思ったら店主は愛知県出身で横浜歴50年以上という竹内さんというおじいさんである。
非常に気配りの人のようで、はじめて行ったにも関わらず、常連のような親しみで話しかけてくれる。そして、人気のニンニクのから揚げを餃子ができるまでのツマミに食べてよ。とそっと出してくる。すばらしい。

これが、「きたなシュラン」の3ツ星の証である。
この店は、「きたなシュラン」で3ツ星なんて、おまけというか、今までこの店を知らなかった人へのきっかけ以外の何物でもないという感じがした。いい店である。

餃子はかなりの正統派である。
非常にジューシーでうまい。
人気店なのがわかる。
そして、チンチンラーメンを追加注文。
これもうまかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告