会社の値段 – 森生 明 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

会社の値段 (ちくま新書)
森生 明
筑摩書房

日本では、「会社買収」に対する違和感を持つ人が多い。しかし、株式会社というのは、そもそも「会社を売り買いする仕組み」ではなかったのだろうか?本書は、会社に値段を付ける、ということはどういうことなのかを根本にまで立ち返って考え、資本主義というシステムの本質から、現在、世の中で何が起こっているかまでを、腑に落ちるまでしっかりと解説。また、「企業価値算定」の基本公式を紹介し、「賢い投資家」になるためのコツをも伝授する。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

特にコレといった印象なし。
経営学部とかはこういう教科書読んでいるの?という感じ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です