時計ベルト(バンド)交換をはじめてやってみた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


以前からやりたいと思いながらずっと放置していた腕時計のベルト交換(バンド交換)をやっとやった。今までは、デフォルトでついていた茶色のベルトをしていたが、スーツに合うように黒にする。

交換用に購入した腕時計ベルトは、牛革の時計バンドであるMORELLATO(モレラート)のBOLLE(ボーレ)である。
モレラートは、1930年創業のイタリアの時計ベルトメーカーで、ヨーロッパではトップシェアを誇るメーカーである。品質が優れていて、トップブランドウォッチの標準ベルトとしても幅広く採用されている。
今回はその中でもベーシックでスタンダードな「ボーレ」を選んだ。

時計ベルトの交換は難しいと思われがちだが、工具さえあればそんなことはない。
時計ベルト交換方法
上記のようにはじめてでも5分もあれば交換できる。慣れれば1、2分といったところだろう。

今回、時計ベルトを購入したお店では、おまけで工具をつけてくれたので、自分でやってみた。非常に簡単で、これならわざわざ時計店にもっていく必要はないだろう。よほど特殊なもの以外は。

さらに今回は、時計ベルトに「EASY CLICK (イージークリック) 」というオプションをつけてみた。これは、ベルトの裏側に加工を施し、つまみのついたバネ棒を装着してくれるもので、工具なしでもワンタッチでベルトを交換することができるものである。
ベルトの着脱が簡単になる! EASY CLICK (イージークリック)

このEASY CLICK (イージークリック) は非常にいい!はずすのに30秒、つけるのに30秒といった感じなので、このEASY CLICK (イージークリック) 処理されている時計ベルトであれば、工具なしで簡単に着せ替えのように時計ベルトを変えることができる。
これなら、今回は黒ベルトを購入したが、プライベート用にネイビーやホワイト、グレイなどを買っておいて、TPOにあわせて着せ替えさせることも簡単である!

MORELLATO(モレラート)のBOLLE(ボーレ)なら17色展開なので、色も豊富。これは非常にいい経験になった。これから時計ベルトの着せ替えをやってみようと思う。楽しみ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告