ファイルやフォルダを削除すると、リサイクル中の表示のままフリーズする問題

【この記事の所要時間 : 約 2 分

windows7_logo

困ったことに、Windows7において時々、ファイルやフォルダを削除すると、リサイクル中の表示のままフリーズしてしまうということがある。なんだか嫌だなあと思いながら原因と解決方法を探すと、以下のようなブログを見つけた。
マイクロソフト コミュニティ – ファイルやフォルダを削除すると、リサイクル中の表示のまま消えない。

ファイルやフォルダを削除すると、リサイクル中の表示のまま消えません。ゴミ箱の中身を削除しても削除中のままで表示が消えません。ファイルの名前を変更したら、変更する白バックの表示のままになります。復元ポイントに戻っても変わりません。エクスローラーを再起動すると、ゴミ箱は空になったりしていますが、現象は変わりません。セーフモードでは、通常どおり作業できます。リカバリーをかけず直す方法はないでしょうか?

そうそうまったく同じ現象である。
この人は、「”Windows Search”をオフ」にしたら現象が消えたらしい。ということで、”Windows Search”を無効してみようと思い、やり方を探すと、あった。
Windows Search を無効化する方法

コントロールパネル→管理ツール→サービス→Windows Searchを停止した挙句「無効」に変更、更に、スタートボタン→プログラム→スタートアップに入ってる検索クライアントも削除してタスクトレイにあるプログラムも右クリックで終了

この通り実行し、「”Windows Search”をオフ」にしてから、ファイルやフォルダを削除後にリサイクル中の表示のままフリーズするという現象が起きなくなった。。。やっぱりこれが原因だったのかな。
よくわからないが、WindowsXPではなかったような不思議な挙動がWindows7には多い、神OSと言われたWindowsXPのあの安定感が今は懐かしい。。。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です