金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの? – 堀江貴文 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

2013年3月27日に仮釈放された堀江貴文の新刊。収監中も鮮度の高い情報を発信し続ける著者による、若者のためのビジネス書。獄中という状況を感じさせない未来を見据えたビジネスアイディアの数々に加え、本書では、それを実現するためのメソッド、思考を読み解く手引きとして、メールマガジン読者とのQ&Aを再構成の上、収録。さらに特別解説として、著者のよき理解者である文化人類学者・船曳建夫氏、夏野剛氏、藤沢数希氏、西村博之氏ら識者が、著者の思考の補助をしつつ、合理的思考を説く。カバーイラストは漫画家の西原理恵子氏。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ホリエモンが出所して約1年がたつ。
そんな中で読んでみたのがちょうど仮釈放後すぐに出版された本書である。
さらっと読んでみたが、得にコレといった印象なし。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です