ベスト・オブ・映画欠席裁判 – 町山 智浩,柳下 毅一郎 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ベスト・オブ・映画欠席裁判 (文春文庫)
町山 智浩 柳下 毅一郎
文藝春秋

伝説の活字漫才コンビ、復活!映画への愛ゆえに怒り、ツッコミ、笑い、時に対立も辞さず語りつくす。『千と千尋の神隠し』のアンタッチャブルなテーマを喝破し、『スター・ウォーズ』を『巨人の星』に、『チャーリーズ・エンジェル』を「通いたい店」にたとえて止まらない、対話型暴走映画評論集。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

ん~。
これは非常に評価が分かれる本だと思う。
好きな人は大好き、苦手な人はぜんぜんダメというタイプの本である。
ちょっと立ち読みしてから買った方が安全かと思う。
積極的にはおススメしない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です