今日は、St Patrick’s Day(セントパトリックス・デー)、つまり聖パトリックの祝日です。

【この記事の所要時間 : 約 2 分


聖パトリックの祝日

聖パトリックの祝日(せいパトリックのしゅくじつ、英: St Patrick’s Day、セントパトリックス・デー)は、アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。3月17日。カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。
シャムロックを服につけたり、ミサに行ったりする。アイルランドでは何世紀も前からこの日を祝う伝統が受け継がれてきたが正式に1903年より祝日となり、イギリスから独立後徐々に祭礼日として成長した。1996年には政府が主体となってダブリンで5日間の盛大なフェスティバルとなりパレードやその他の行事が行われるようになった。

今日、3月17日は、セントパトリックス・デー(聖パトリックの祝日)である。
アイルランドの使徒と呼ばれ、アイルランドの守護聖人である聖パトリックの命日である。
アイルランドのシンボルカラーが緑であるため、アメリカでは緑色の物を身につけて祝う日で、「緑の日」とも呼ばれている。
なぜこんなことを書いているかというと、日本のビアバーなどでは、このセントパトリックス・デーに、イベントとして、アイルランドのビールとして有名なギネスやアイリッシュ・ウイスキーなどを格安で飲めたりするので、今日、飲みに行く予定の人は、ビアバーへ行ってみるがおススメである!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告