ゴルフのルール – スイングの邪魔になるのでボールの後ろの芝生を踏みつけて打ったら・・・・

【この記事の所要時間 : 約 1 分


[ ゴルフルールの問題 ]
ラフなどにてスイングの邪魔になると思い、ボールの後ろの芝を踏みつけて平らにした後、ボールを打った場合の正しい処置は?
[ ゴルフルールの回答 ]
2打罰。そのままプレー続行。
スタンスをとる場合を除き、スイングの邪魔になるという理由でボール周辺の草を踏んだり、木の枝を折ったりする行為はライの改善とみなされ2打罰となる。
ルースインペディメントである折れた小枝や葉っぱ、石などを無罰にて事前にのぞくことは可能だが、地中に埋まっている石は対象外であり、これを取った場合はライの改善で2打罰となる。
(ゴルフのルール・シリーズ)

ゴルフのルールというのは複雑でなかなか難しいものであるが、競技に出るならば必須である。そんななかなか覚えにくいゴルフのルールをピックアップし、Q&A方式でエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告