マンガでわかる売れる営業マン 売れない営業マン – 馬渕 哲,南条 恵 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

客から愛される営業マンは決して「できる営業マン」ではない。なぜなら、大部分の客の本音は、常に自分よりも少し劣った愛すべき「営業マン」を望んでいるからだ。客に好かれ客を動かすためには、相手よりも下手にでる「劣位アクション」が何よりも大切。本書はこれまで書かれなかった、売れる営業マンのアクションと行動の特性を「人の動き」という観点から分析している。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

んーかなりイマイチ。
営業に関することなら、まだ「やっぱり変だよ日本の営業」を読んだ方がいいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です