秀丸でバックアップファイル(.BAK)を自動的に作らない方法

【この記事の所要時間 : 約 1 分

Windowsのテキストエディタといえば、言わずと知れた秀丸(Hidemaru)であるが、先日、ある有名な世界的なコーヒーチェーン店の隣の席から秀丸でHTMLなどのファイルを編集するとBAKという拡張子のファイルが毎回できるので消すのがメンドクサイというような話が漏れ聞こえてきた。それを聞いていた人も「あれはいらないよね?」と言っていた。。。。
あー、、、知らない人もいるんだなと、教えてあげたかったが見ず知らずの人に声をかけるのもあれだったので、ブログに書いておく。検索すれば答えは載っているけどね。
秀丸のツールバーにある「その他(O)」>「ファイルタイプ別の設定(C)」を押下し、ファイルタイプの設定(S)のリストには、「共通」、「C言語ソースファイル」、「HTMLファイル」、「テキストファイル」とあるので、バックアップファイル(.BAK)を残したくないファイルタイプを選択した上で、「バックアップファイルの作成(M)」のチェックをはずせばOK。
自動的にバックアップしてくれるのはいい機能ではあるので、必要に応じて使い分ければいいと思う。参考になれば幸い。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告