マンガでわかる良い店悪い店の法則 – 馬渕 哲,南条 恵 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

マンガでわかる良い店悪い店の法則 (日経ビジネス人文庫)
馬渕 哲 南条 恵
日本経済新聞社

店員がさぼっていては客は来ないが、かといってやる気を出すと客はもっとやって来ない。お客と店と店員をめぐる微妙な心理や駆け引きを知ることで、繁盛店、衰退店の分かれ目が見えてくる。文庫化に伴いマンガを大幅に増量。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

以前読んだ「良い店悪い店の法則」の文庫版である。買ってから気づいた。。。
まあ文庫版になってマンガが大分増えているのでまったく同じというわけではないが・・・
良い店悪い店の法則

店員がやる気を出すと客を逃す。客は店員と人間関係をつくりたくない。店員も客と人間関係をつくりたくない。売れる店と売れない店から見えてきた法則。
・店の第1法則: 店はサービスよりも店員個人の満足を目指す
・店の第2法則: 店員がやる気を出すと客を逃がす
・店の第3法則: 客は来てほしくないときにやってくる
・店の第4法則: 客と店員は仲良くなれない
・店の第5法則: 客は店員の想像を超えた理由でモノを買う
・店の第6法則: 店は商品ではなくアクションを売っている
・店の第7法則: 商店街の店主は売上よりも暇を求める
・店の第8法則: 客の不満は真心ではなく競争によって解消される
・店の第9法則: 人を変えようとする接客教育は失敗する
・店の第10法則 : 店員の居場所を重要視した店には客が来る
・店の第11法則 : 成功の秘訣は簡単だが、ほとんどの人はそれができない
・店の第12法則 : 店の競争が万引きを生み出す
「非常におもしろい!」というのが読後最初の感想である。

なかなか面白い本なので、文庫になって安くなっているのでこの機会に読んでみたいという人にはおススメしておく。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告