死刑絶対肯定論 – 無期懲役囚の主張 – 美達 大和 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

哀しい事実だが、犯罪者のほとんどは反省しない。監獄法の改正後、圧倒的に「自由」になった刑務所では、今日も受刑者たちの笑い声が響いている。裁判では頭を垂れるも内輪では「次は捕まらないよ」とうそぶく彼らを前に、何をすれば良いのか。犯罪者を熟知する著者は、彼ら自身を「死」と向き合わせるために「執行猶予付き死刑」を導入せよ、と説く。現役の無期囚が塀の内側から放つ、圧倒的にリアルな量刑論。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

著者は、美達大和というペンネームを使い、本名を明らかにしていない無期懲役囚である。
以前、著者が書いた「人を殺すとはどういうことか」を読んで以下のような感想を書いた。

被害者が加害者をどうしたいのか?ということはわからない。被害者遺族が被害者のために被害者に代わって何をすべきかを知っているというのは権利の詐称だと思う。しかしながら遺族がなんらかの救済を受けなくては心理的・社会的に許されないということも理解できる。そのためには、無期懲役ではなく、終身刑というのを日本社会は検討する段階になっているような気がする。死刑付きの終身刑なども考えられるし、現状を考えると再犯に対する量刑はもう少し考える必要があると思う。(特に依存的な犯罪行為には)

本書を読んだ後も印象は変わらないが、ひとつ変わった点があるとすれば、終身刑についての考え方である。

終身刑を考えた人には、受刑者を管理する職員にとって、それが精神的にも肉体的にもどれだけ過重な労働になるのかという発想もありません。新しい法律の施行後、職員の指示に従わない者が増えてきましたが、社会に出る可能性がない終身刑の受刑者は、自暴自棄になることが必至です。どれだけ罪を重ねても死刑にはならず、状態が変わることもありません。受刑者にとってそれは、やりたいようにやれ、と言っているのと同じです。

以前、終身刑について考えた時は、受刑者を管理する職員の立場というのを考えなかった。この点においては著者の指摘はなるほどなと感じた。思考停止にならないためにも、複数の視点から考えなければならない問題だと思う。
死刑をなくして、終身刑を作るというのは日本には向いていないように思う。やはり死刑制度は残したままで制度を運用するのがいいと思う。そして厳罰化は必要だと思う。10回も刑務所に入るような人がいるのは何か制度的欠陥があると思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です