人間の性はなぜ奇妙に進化したのか – ジャレド ダイアモンド (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)
ジャレド ダイアモンド
草思社

人間は隠れてセックスを楽しみ、排卵は隠蔽され、一夫一婦制である―ヒトの性は動物と比べてじつは奇妙である。性のあり方はその社会のあり方を決定づけている。ハーレムをつくるゴリラや夫婦で子育てをする水鳥、乳汁を分泌するオスのヤギやコウモリなど動物の性の“常識”と対比させながら、人間の奇妙なセクシャリティの進化を解き明かす。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

著者のジャレド ダイアモンドと言えば、「銃・病原菌・鉄」や「文明崩壊」などで有名な著者であるが、そのような本に比べると本書は正直言えばイマイチだった。
興味の問題だと思われる。
興味が本書の内容と一致していれば十分楽しめるとは思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告