犬も歩けば英語にあたる – 坂之上 洋子 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

国際人になるための常識が英語と共に身につく!こんな本今までなかったと大好評。英語の勉強にもなるけど、それだけじゃない。読めば勇気と元気が出てくる1冊。アメリカでの就職体験記、ゲイの友人のもつ悩み、色々なことに挑戦する友人たちのエピソード、愛する人を失う悲しみ、英語の失敗、貨幣価値のギャップ、などなど。英語を使って仕事をしたい、恋をしたい、アメリカで暮らしたい、、、そんな人にぴったりです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

アマゾンのレビューでは☆5つが多かったが、理解ができない。。。。
これのどこが好いのか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告