李朝家具 – NHK美の壺 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

簡素な意匠に宿る、雅な落ち着き。いにしえの文人がこめた学問と日常への思いとは。骨董ファン垂涎のアイテム、李朝家具の「ツボ」を紹介。NHKテレビ番組「美の壷」を書籍化。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

 ・壱のツボ

清雅と簡潔を見いだせ

 ・弐のツボ

適材適所の技を見よ

 ・参のツボ

馴染みを味わえ

李朝家具が骨董ファンに人気があることは知っていたが、特にコレといって思い入れもなく、韓国の民芸品でしょ?という感じにしか思っていなかったが、やはりそこは美術鑑賞マニュアル美の壺。
李朝家具に隠された「美」の見つけ方、楽しみ方を教えてくれる。なるほどそういう見方があるのね。
李朝家具を手に入れようとまでは思わないが、また一つ骨董の楽しみ方を覚えた!
骨董や民芸品などが好きな人にはおススメ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です