★★★★☆[映画] マイ・フェア・レディ – My Fair Lady (レビュー・感想・解説・ネタバレ)

【この記事の所要時間 : 約 5 分

マイ・フェア・レディ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン

オードリー・ヘプバーン主演で贈る傑作ミュージカル。花売り娘・イライザは、ひょんなことからヒギンズ博士の家に住み込み貴婦人になる修行をすることになる。そして美しい貴婦人として社交界にデビューを果たすが…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

レビュー・感想・解説・ネタバレ

完全ネタばれなので、映画未視聴の方は、決して読まないように。

オードリー・ヘップバーン主演の「マイ・フェア・レディ(マイフェアレディ)」は、教育によってぱっとしない女性を上流のイイ女へという男性がもっとも好きなプロットの1つを採用した作品である。ロンドン下層階級の花売り娘でコックニーを話す、ぱっとしない女性イライザを言語学者のヒギンズが訓練によって6か月で社交界へデビューさせるというストーリーである。

舞台はイギリス・ロンドン。

コックニーとは、ロンドンの下層階級(労働者階級)が話す英語で、”a”(エイ)を”ai”(アイ)と発音したり、語頭の”h”を発音しないという特徴がある。そんなコックニーは、イギリスの上流階級の人たちから軽蔑の目で見られていた。そのような状況の中で、言語学者のヒギンズは、友人であるピカリング大佐と賭けをする。その賭けが、コックニーを話すロンドンの花売り娘・イライザを短期間で社交界に通じるレディに仕立て上げることであった。

ロンドンには “Mayfair” という紳士淑女が集まる場所がある。そんな場所に通用するレディが “Mayfair lady” であり、コックニーを話すイライザを “Mayfair lady” にするという内容から、”a”(エイ)を”ai”(アイ)と発音するコックニー風に “My fair Lady” という作品タイトルが付けられている。もちろん “My fair Lady” には、色白の美しい女性という意味と、うわべだけの女性という意味があり、作品の内容を合わせてダブルミーニングとなるようになっている。

ヒギンズは、イライザに言語矯正として、”The rain in Spain stays mainly in the plain.”(スペインの雨は平野に降る。)を練習させる。ここには、”a”(エイ)を”ai”(アイ)と発音するコックニーを矯正する意味がある。

「マイ・フェア・レディ(マイフェアレディ)」の原作は、バーナード・ショーの戯曲「ピグマリオン」であるが、戯曲「ピグマリオン」の元は、ギリシャ神話の「ピュグマリオーン」である。

Wikipedia – ピュグマリオーン

ピュグマリオーンは、ギリシア神話に登場するキプロス島の王である。長母音を省略してピュグマリオンとも表記される。現実の女性に失望していたピュグマリオーンは、あるとき自ら理想の女性・ガラテアを彫刻した。その像を見ているうちにガラテアが服を着ていないことを恥ずかしいと思い始め、服を彫り入れる。そのうち彼は自らの彫刻に恋をするようになる。さらに彼は食事を用意したり話しかけたりするようになり、それが人間になることを願った。その彫像から離れないようになり次第に衰弱していく姿を見かねたアプロディーテーがその願いを容れて彫像に生命を与え、ピュグマリオーンはそれを妻に迎えた。

つまり、ヒギンズは現実の女性に失望していたピュグマリオーンであり、イライザはガラテアである。ガラテアを人間にしたアプロディーテーは、愛と美を司るギリシャ神話の女神であり、一人前のレディになるには、ヒギンズの「愛」とイライザの「美」が必要であることを暗示するものとなっている。

舞踏会にて、トランシルバニア皇太子からダンスの相手に指名されるまでになったイライザであるが、賭けに勝ったヒギンズからは「愛」が与えられずにショックを受ける。そして非常に有名な台詞「レディと花売り娘との差は、どう振る舞うかにあるのではありません。どう扱われるかにあるのです。私は、あなたにとってずっと花売り娘でした。なぜなら、あなたは私をずっと花売り娘として扱ってきたからです。」が生まれる。

イライザは、ヒギンズから去り、イライザを失ったヒギンズは、深い後悔におそわれる。

自宅にてヒギンズがイライザの声を記録した録音を聞いている時、彼女が現れ、これからふたりが結ばれることが暗示されてエンドロールを迎える。

同名のミュージカル舞台の映画化であるため、ミュージカル風の作品となっている。映画というよりは舞台の映像化といってもいいのかもしれない。本作品は映像のみならず、曲がすばらしく名曲ぞろいである。これらを聞くだけでも本作品を観る価値はある。

「With A Little Bit Of Luck」



「Just You Wait」



「I could have danced all night」



「Get Me to the Church on Time」

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です