上達の技術 – 児玉 光雄 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

上達の技術 一直線にうまくなるための極意 (サイエンス・アイ新書)
児玉 光雄
ソフトバンククリエイティブ

「うまくなりたい」「できるようになりたい」という切実な思いをもったことがない人は、おそらくいないでしょう。部活動で、受験勉強で、ゴルフで、英語で、仕事で…。しかし、なかなか思うような結果がだせない自分にくやしい思いをした人も多いはずです。でも、それはあなたに才能がないからではありません。伸び悩むのは「努力の仕方」が間違っているからです。本書では、上達するための「正しい努力の仕方」を解説します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

本書の中で紹介されていた時計を使った集中力トレーニングや残像トレーニングを使った集中力トレーニングはやってみようと思う。集中力は非常に大事だがトレーニングの仕方がよくわからなかったので試してみたい。、
また、覚えたいことは3回反復して長期記憶に定着させるというのも効果的なメソッドのようなので使ってみたい。ポイントは、いつその3回の反復を行うか?ということである。答えは、10分後、6時間後、24時間後の3回である。
目標設定におけるベストな目標も数値化されていた。それが、「+10%」と「達成率6割」である。高すぎる目標や低すぎる目標ではなく、最適な目標というのがあるということである。なるほど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告