【意外と出さない!?】年賀状(はがき)を出す人は61%? – 2014年【リサーチバンク調べ】

【この記事の所要時間 : 約 4 分

そろそろ年賀状について考えなければならない時期になってきた。ライフメディアのリサーチバンクによると2014年用の年賀状を出す予定の人は61%ということらしい。思っていた以上に低い数値だなあというのが率直な感想である。調査は、今年の11月15日から11月20日にかけて10代から60代の男女1200人からアンケートを取った結果とのこと。
まずは、2014年の年賀状(はがき)を出す予定はあるか?という質問の結果である。

出す予定と届いたら出すという人を合わせると約75%であるが、出さないという人が18%以上もいることにびっくり!出さないということは0通ということなんだろうけど。。。
次が、2014年の年賀状(はがき)を何通出す予定か?という質問の結果である。

30通未満が半数となっているので、このあたりが平均値なのかもしれない。
次が、2014年の年賀状(はがき)を誰宛てに出すか?という質問の結果である。

やはり一番多いのが「友人」である。そして、「親戚」「親・兄弟」の順となっているが、上司や同僚などの職場関係へは3人に1人の人しか出していないようである。取引先となると1割を切ってくる。やはり年賀状というのはプライベート向けが多いということだろう。
次が、2014年の年賀状(はがき)の宛名書きをどうするか?という質問の結果である。

手書きがおよそ1/4で、ほとんどの人がPCで印刷するということなので、宛名に関しては印刷が主流の用である。たしかに自分がもらう年賀状もその多くが印刷した宛名である。
次が、2014年の年賀状(はがき)のデザインをどうするのか?という質問の結果である。

PCを使ってオリジナルまたはデザインキットを使うという人が約7割と結構高くなっている。逆に印刷されたものを購入する人が5.8%と意外と少ない。完全オリジナルで作るという人も3.7%と結構いることにびっくり。いろいろとこだわっている人がいるのかもしれない。
次が、2014年の年賀状(はがき)に手書きメッセージ(一言)を添え書きするか?という質問の結果である。

すべての年賀状に手書きのメッセージを入れる人が約半数で、一部の年賀状に手書きのメッセージを入れるという人を合わせると約90%の人がなんらかの形で年賀状に手書きのメッセージを入れているようである。
年賀状にどのような手書きのメッセージを入れようか悩んでいる人は過去にエントリーした内容を参考に。
年賀状で手書きで一言、添え書きする時、どんなメッセージ、コメントがいいだろうか?
次が、2014年の年賀状(はがき)のデザインを出す人によって変えるか?という質問の結果である。

約6割の人がデザインは変えないで出すとしているが、4割近くの人が親戚用と友人用などでデザインを変えていることがわかる。親戚用と友人用などでデザインを変えて送ったことがなかったので、ちょっとした驚きだった。
次が、2014年の年賀状(はがき)をいつ出す予定か?という質問の結果である。

12月15日までに出す人が結構いることにびっくり!約7割の人が12月25日までに出そうと考えていることがわかる。なぜ12月25日までなのか?というと、12月25日までに出せば、確実に元旦に届くからである。
年賀状を元旦に届くようにするには12月25日までに投函!

年賀状を来年の元旦(2010年1月1日)までに確実に届けるには2009年12月25日までに投函しましょう!!年賀状を元旦に届けるためには期限があるので注意。ちなみに、年賀状の受付は、毎年12月15日から翌年1月7日までとなっているそうで、毎年12月25日までに投函された分は、元旦には届くとのこと。

最後が、SNSを利用して年賀状(はがき)を出すサービスの利用状況は?という質問の結果である。

利用したことがある!と答えた人が15%以上と個人的には結構多いな!と思った。利用したこともないが、今後も利用しないという人が約6割とこのあたりは年賀状らしい保守的な部分がでているのかもしれない。たしかにSNSならメールで!という人もいるだろうし、わざわざSNSを使ってまで年賀状をというのが現実的なところなのかもしれない。
去年からお年玉年賀はがきの1等が現金になっているので、これも楽しみの1つである。
今年は、早めに年賀状を作りたいと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告