【投資するなら必須!】MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法 – 広瀬 隆雄 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

月間120万PV!の人気サイト運営人が初めて明かす。投資大国の全ノウハウ。アメリカの有力投資家はこんなノウハウで株を買っている!日本人も徹底的にロジカルな投資手法を学んで、よりスマートな投資家になろう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

著者は、Market Hackの広瀬さんである。今まで広瀬さんの本には、電子書籍向けの短編小説ばかりで本業の投資に関する本はなかった。
 ・商社マンはガイジンと付き合ってキャリアを棒に振るような真似はしない
 ・「おまえはスーパーモデルを目指せ!」なんて、よくもそんな残酷なことが言えたわね
 ・いきなりニューヨークで面接しろと言われても、困ります
 ・全ての輝けるもの
そんな広瀬さんが満を持して出したのが本書「MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法」である。なぜいままで投資の本を出さなかったかについては以下参照。
証券マン諸君、キミらの「株ごころ」に情念の炎をともす、この本を読みたまえ!
内容的については、非常にオーソドックスである。というかMarket Hackをいつも見ている人からすれば、広瀬さんのいつものヤツ!という感じではある。でもそうでない人には新鮮だと思う。
個人的には、広瀬さんが月1回、インヴァスト証券でやっているWebセミナーが非常に好きである。以前は誰でも参加できたが、最近ではインヴァスト証券に口座を開設している人限定になったので、そのためにわざわざ口座を作ったくらいである。本書を読んで、自分のフィーリングにあった人は、まずはMarket Hackをチェックし、そしてさらに深くという人は、インヴァスト証券のWebセミナーに参加することをおススメしたい。投資だけでなく、歴史も勉強できるお得なセミナーである。リアルタイムならチャットでご本人に質問もできる。
個人的には、「全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦」が投資指南本としてはトップに君臨しているが、あれはなかなかのボリュームと内容なので、お手軽にサクッと!という人にはこっちの方がいいのかもしれない。(ただお手軽にサクッと投資しようという人は儲からないという点では、ジム・クレイマーも広瀬さんも同じ意見だと思うが)
ちなみに、広瀬さんは、証券マン時代にジム・クレイマーのヘッジファンド、クレーマー&カンパニーの担当だったとのこと。その時に受けたアドバイスについても本書では触れられている。
やはり、「バイ・アンド・ホールド」ではなく、「バイ・アンド・ホームワーク」だということを本書を読んで再確認した!
「全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦」の内容をかいつまむと、

1.「投資」だけでなく「投機」もしろ!
2.分散投資を忘れるな!(投機のない分散投資は無意味)
3.「バイ・アンド・ホールド」ではなく、「バイ・アンド・ホームワーク」だ!
4.メイン・ストリートでの値段も忘れるな!
5.ホームワークする時間がないならインデックスを買え!

であるが、4以外については本書でも述べられていた。それだけこれらの方法というのがアメリカではオーソドックスなスタイルだということだと思う。
良書!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です