マンガで学ぶオペラ – リゴレット

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – リゴレット

『リゴレット』(Rigoletto)は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲した全3幕からなるオペラである。1851年、ヴェネツィア・フェニーチェ座で初演された。ヴェルディ中期の傑作とされる。

リゴレットは、16世紀の北イタリアが舞台である。当時はイタリアは小さな国がたくさん乱立していた。そして主人公のリゴレットは道化師として、今でいう太鼓持ち、幇間のような仕事をしていた。そんなリゴレットが大事にしている美しい1人娘・ジルダが、リグレットが仕える公爵と恋に落ちるが、公爵にとっては遊び相手の1人にすぎず、リグレットは公爵へ復讐するために殺し屋を雇う。どんな目にあっても公爵を愛していたジルダは、そんな父の陰謀に気付き、公爵の身代わりとなり殺し屋に殺されるというのがあらすじである。
ヨーロッパの貴族の爵位は、五爵といい、公・侯・伯・子・男(こう・こう・はく・し・だん)の順である。よってリゴレットに登場する公爵は、爵位の第一位であり、非常に高位の貴族であることがわかる。
(マンガで学ぶオペラ・シリーズ)

オペラは、演劇と音楽によって構成される舞台芸術であり、歌劇とも呼ばれ、海外の小説や映画のモチーフとしてよく用いられている。しかし、タイトルは聞いたことがあっても内容は知らないということも多い。有名オペラのあらすじを紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です