マンガで学ぶオペラ – アイーダ

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – アイーダ

『アイーダ』 (伊: Aida) は、ジュゼッペ・ヴェルディが作曲し、1871年に初演された全4幕から成るオペラである。ファラオ時代のエジプトとエチオピア、2つの国に引裂かれた男女の悲恋を描き、現代でも世界で最も人気の高いオペラのひとつである。また第2幕第2場での「凱旋行進曲」の旋律は単独でも有名である。

アイーダとは、エチオピアの王女の名前である。エジプトとエチオピアとの戦いによってエジプトの奴隷となったアイーダに恋をしたエジプトの英雄・ラダメスは、アイーダがエチオピアの王女であることを知らなかった。そんなラダメスに恋していたのはエジプトの王女・アムネリスである。アイーダはアムネリスの侍女をしていたが、アムネリスにラダメスとの恋を知られてしまう。再度のエジプトとエチオピアとの戦いに総司令官として勝利したラダメスは、ファラオにアムネリスとの結婚を命じられる。アイーダへの愛と祖国エジプトへの想いに揺れ動くラダメスは、敵国へ情報を漏らした罪でとらえられる。裁判で申し開きをせず、神殿の地下牢へ投獄されるが、そこに隠れていたアイーダと2人で天に召されるというのがあらすじである。
非常に人気のあるオペラの1つである。
エジプトを舞台にしたオペラでご当地オペラとしても知られている。
(マンガで学ぶオペラ・シリーズ)

オペラは、演劇と音楽によって構成される舞台芸術であり、歌劇とも呼ばれ、海外の小説や映画のモチーフとしてよく用いられている。しかし、タイトルは聞いたことがあっても内容は知らないということも多い。有名オペラのあらすじを紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です