絵画で学ぶギリシャ神話 – パリスとヘレネ(ヘレネー)

【この記事の所要時間 : 約 5 分

paris.jpg
Wikipedia – パリス

パリスは、ギリシア神話の英雄である。イーリオス(トロイア)王プリアモスとヘカベーとの間に生まれた。出生時の名前アレクサンドロスでも知られる。長兄にイーリオスの英雄ヘクトール、妹に悲劇の予言者カッサンドラーを持つ。「パリスの審判」により、イーリオスに戦乱(ひいては滅亡)をもたらしたことで知られる。

パリスといえば、ギリシャ神話最大の戦乱である「トロイア戦争」の原因となった「パリスの審判」が有名である。パリスの審判とは、パリスの元にやってきた3人の女神、ヘーラー、アテーナー、アプロディーテーの中で誰が一番美しいか判定させようとしたエピソードである。
Wikipedia – トロイア戦争

トロイア戦争とは、小アジアのトロイアに対して、ミュケーナイを中心とするアカイア人の遠征軍が行ったギリシア神話上の戦争である。トロイア、あるいはトローアスという呼称は、後の時代にイーリオス一帯の地域につけられたものである。この戦役は、古代ギリシアにおいて、ホメーロスの英雄叙事詩『イーリアス』、『オデュッセイア』のほか、『キュプリア』、『アイティオピス』、『イーリオスの陥落』などから成る一大叙事詩環を構成した。またウェルギリウスはトロイア滅亡後のアイネイアースの遍歴を『アエネーイス』にて描いている。

上の絵はパリスの審判の様子を描いたものである。
画面に3人の裸婦が描かれているが、それぞれ目印があるので、どれが誰かがわかるようになっている。左端の女性のまわりには、フクロウと盾、兜などがあることから彼女はアテーナー(アテナ)であることがわかる。その右隣の女性の足元にはエロス(キューピット)がいることから彼女はアプロディーテー(ヴィーナス)であり、その右隣の女性の足元に孔雀がいることから彼女はヘーラー(ユーノー)であることがわかる。
右の男性2人だが、木の奥にいる赤いマントのようなものを羽織った男性は、羽のついた帽子や特徴のある杖を持っていることから神々の使いであるヘルメースであることがわかる。よってその前にいる男性がパリスである。パリスはこの時、羊飼いだったので、画面後ろには羊が描かれている。パリスが持っている金色のものは、「黄金のリンゴ」である。これは不和の女神によって与えられたものらしい。
Wikipedia – パリスの審判

パリスの審判(パリスのしんぱん)は、ギリシア神話の一挿話で、トロイア戦争の発端とされる事件である。イリオス(トロイア)王プリアモスの息子パリス(アレクサンドロス)が、ヘーラー・アプロディーテー・アテーナー(ローマ神話においては、ユーノー・ウェヌス・ミネルウァ)の三美神のうちで誰が最も美しいかを判定させられた。

パリスの審判では、最高神ゼウス(ユピテル)によって審判員としてパリスが選ばれており、ゼウスの意思であることがわかるようにゼウスの使者であるヘルメースが描かれているのだと思う。
この絵からは、パリスは真ん中の女性(アプロディーテー)を選んでいるように見える。実際、アプロディーテーが選ばれ、アプロディーテーはトロイア側、選ばれなかったヘーラー、アテーナーはギリシャ側となって後のトロイア戦争につながっていくことになる。
herene01.jpg
パリスの審判で3人の女神の中で一番美しい女神に選ばれたアプロディーテー(ヴィーナス)は、恋の女神として褒美にパリスに世界で一番美しい女性を与える。それが、絶世の美女と言われるスパルタ王妃であったヘレネである。
Wikipedia – ヘレネ

ヘレネーは、ギリシア神話に登場する女性である。長母音を省略してヘレネとも表記される。元来はスパルタで信仰された樹木崇拝に関わる女神だったと考えられている。表向きはスパルタ王テュンダレオースと王妃レーダーの娘であるが、実父はゼウスである。メネラーオスの妻となったが、イーリオス(トロイア)の王子パリスにさらわれ、トロイア戦争の原因となった。

上の絵は、その様子を描いたものである。アプロディーテーの目印であり、子供でもあるエロス(キューピッド)に引っ張られているのがパリスである。そして、画面左の2人の女性のうち、右側のアプロディーテーが左側のヘレネの肩を抱いて2人を引き合わせようとしている。
トロイアの王子であるパリスが、ギリシャのスパルタ王妃ヘレネを奪って、トロイアに戻ったことがトロイア戦争の原因となる。これによりヘレネを取り戻すためにギリシャ軍がトロイアに攻め込み、長年に渡るトロイア戦争の幕が開くことになる。
(絵画で学ぶギリシャ神話・シリーズ)

ギリシャ神話というの日本人が覚えにくい名前がたくさん出てきてなかなかイメージがしくいと言われている。ギリシャ神話は聖書と同じくらい西洋絵画のモチーフとなっているので、絵画を紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

●以下は、ギリシャ神話やギリシャ神話の名画を知るためにおススメの本

ユリシーズ (まんがで読破)
ジョイス バラエティアートワークス
イースト・プレス
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です