2013年も年賀状は割引が大きい11月中に手配しよう!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

nengajyo_2012.gif
もう11月である。そう11月と言えば、そろそろ「年賀状」について考えなければならない。その理由は、多くの人が12月に入ってから年賀状について考えるため、11月から検討し、印刷などを頼んでおくと割引が大きくなっている店舗が多いからである。
どうせ必要になるものならば、少しでも安く買いたいし、頼みたい!それなら11月中に手配するのがベストである。
今年は写真フレームに挑戦しようと思っている。
毎年書いているが、年賀状で一番手間がかかるのが、年賀状への手書きでの一言コメントである。調査では約80%の人が年賀状に手書きで一言コメントを入れるという結果が出ており、もらう側としても手書きでコメントが書いてあると、うれしい気持ちになる。同じ送るなら自分の近況などを含めた文章を手書きでメッセージとして書いて送りたい!
メッセージを書く時間はそれほどかからないかもしれないが、一番時間がかかるのが、そのメッセージを考える時間である。そんな悩みが持つ人には、以前書いたものであるが、以下のエントリーを参考にしてほしい。
年賀状で手書きで一言、添え書きする時、どんなメッセージ、コメントがいいだろうか?

やはり年賀状には一言メッセージを添え書きするのがよさげ。では、どのような一言のコメントがいいのだろうか?日経PLUS1で「嬉しい年賀状の一言」という特集で以下のようなランキングが発表されていた。

去年読んだ本には以下のように書いてあった。
できる大人の“一筆添える”技術

人づきあいにおいて大切なのは、手間を省くことではなく、「ひと手間かける」こと。

まさに年に1回の人付き合いかもしれない年賀状で大切なのは、この「ひと手間をかけて」、手書きで一言コメントを書くことではないかと思う。
楽天で「年賀状」を探すならココ

できる大人の“一筆添える”技術
むらかみ かずこ
ディスカヴァー・トゥエンティワン
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告