マンガで学ぶオペラ – 魔笛(まてき)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – 魔笛(まてき)

『魔笛』(まてき、独: Die Zauberflöte)K. 620は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1791年に作曲したジングシュピール(歌芝居、現在では一般にオペラの一種として分類される)。モーツァルトが生涯の最後に完成させたオペラである。物語は王子によるお姫様の救出劇の形で始まるが、途中で善玉と悪玉が入れ替わる。

非常に不思議な作品である。場所はエジプトで、衣装は日本の武士、脇役にもエキゾチックな要素がありつつも、内容は西洋のおとぎ話の形となった恋愛譚、成長譚である。
あらすじは、とある国に異国の王子タミーノが迷い込み、夜の女王の娘パミーナを救うためにザラストロの国へ赴き、様々な試練を乗り越え、愛を成就させ、愛なき者は去り、愛によって新しい時代の幕開けをつげるというものである。
夜の女王が娘のパミーナにザラストロを殺すように迫る第2幕の場面で歌われる「夜の女王」のアリアは非常に有名な名曲であり、難曲と言われている。


(マンガで学ぶオペラ・シリーズ)

オペラは、演劇と音楽によって構成される舞台芸術であり、歌劇とも呼ばれ、海外の小説や映画のモチーフとしてよく用いられている。しかし、タイトルは聞いたことがあっても内容は知らないということも多い。有名オペラのあらすじを紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です