劫尽童女 – 恩田 陸 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分


劫尽童女劫尽童女

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

タカの視覚、犬の嗅覚、イルカの聴覚、豹の運動能力、渡り鳥の方向感覚。
それらをうまく「栽培」し、グレードアップさせられればどうだろう?
使いやすくコントロールできるようになったら便利なのではないか?
その能力を駆使し、ソフト化するということは不可能だろうか?
ラットや豚を使い、人間の臓器のパーツを「栽培」することはすでに実用化が射程内に入っている。
彼らの能力も「栽培」し、人間にフィードバックすることが可能なのでは?
父親である伊勢崎博士から「栽培」した能力をフィードバックされ、超能力を与えられた少女・伊勢崎遙。
その遙を巡る数奇な運命とは?
伊勢崎博士が昔所属し、逃げ出したアメリカの組織ZOOとは?
遙と同じような能力をもつ超能力者とは?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメント

  1. Kazu より:

    はじめまして^^&TBありがとうございました!
    こちらもTBさせて頂きました。今後もちょくちょく寄らせてもらいたいと思いますのでよろしくです(^_^)/

  2. shoulder より:

    Kazuさん、どうもです。
    面白いサイトなのでたまに拝見しております。
    よろしくどうぞ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です