神楽坂の名店「伊勢藤(いせとう)」へ行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


飯田橋、神楽坂方面に予定があったのでその帰りに以前から耳にしていた名店があるということで足を運んだ。それが、神楽坂の「伊勢藤(いせとう)」である。
伊勢藤(いせとう)
噂では酒が1種類しかおいていない落ち着いた大人の居酒屋とのことである。

神楽坂の脇道を入ったところにひっそりとした店構えであった。中に入ると、驚くほど静かで、1人であることを伝えるとテーブル席に相席をお願いしますとのことだったのでテーブルに座った。

まず出てきたのが、お通しである。酒のつまみが数種類と味噌汁(一汁三菜)で、まずはこれを食べてから他のものを注文してくださいという感じらしい。
日本酒は「白鷹」一択だったので、「ぬる燗」で注文。

店内は非常に静かであった。
客はカウンターに7人、テーブルに3人、奥の座敷に6人くらいだったと思う。
カウンターの前では店主がお酒の燗を黙々とつけていた。

客もひそひそ話でないと、店主から指導?(静かにして下さい等)が入るらしい。なんだかちょっと固ぐるしい感じがして、あまり楽しめなかった。
この店は客を選ぶんだろうと思う。
たぶん60代以上にならないと楽しめないのかもしれない。

ひとまず、有名店に行ったという雰囲気だけは味わったが、誰かと一緒に行こうとは思わなかった。やっぱりお酒はしゃべりながら飲みたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告