マンガで学ぶオペラ – フィガロの結婚

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – フィガロの結婚

『フィガロの結婚』(フィガロのけっこん、伊: Le nozze di Figaro、仏: Les noces de Figaro、英: The Marriage of Figaro、独: Die Hochzeit des Figaro)は、フランスの劇作家カロン・ド・ボーマルシェが1784年に書いた風刺的な戯曲、ならびに同戯曲を題材にヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが1786年に作曲したオペラ作品(Le Nozze di Figaro, K.492)である。オペラ作品のリブレット(台本)はボーマルシェの戯曲に基づき、イタリア人台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテが書いた。

フィガロの結婚は、純愛ドラマの仮面をかぶった不道徳ドタバタコメディであるが、モーツァルトの音楽のすばらしさによって名作オペラとなった作品である。あらすじは、ある伯爵家に仕える若いカップルの結婚に際して、領主は自分が花嫁の初夜の相手を務めるという初夜権を排したにも関わらず、花嫁に惹かれてなんとかものにしようと画策し、若いカップルはそれを阻止しようとするというある1日のドラマである。
喜劇オペラの典型である。
主人公の若い純真な男女が、頑固な父親や不道徳で好色な貴族の妨害を乗り越えて、恋を実らせるというストーリーである。そして召使い役が狂言回しとなるのも典型である。フィガロの結婚では若い男女が伯爵の召使いであるため、自身で狂言回しをするというものではあるが。
恋に憑りつかれた人たちの物語であり、18世紀後半の貴族の時代であるロココ時代をうまく表現した作品だと言われている。
(マンガで学ぶオペラ・シリーズ)

オペラは、演劇と音楽によって構成される舞台芸術であり、歌劇とも呼ばれ、海外の小説や映画のモチーフとしてよく用いられている。しかし、タイトルは聞いたことがあっても内容は知らないということも多い。有名オペラのあらすじを紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です