絵画で学ぶギリシャ神話 – ペルセウス

【この記事の所要時間 : 約 2 分

peruseuse.jpg
Wikipedia – ペルセウス

ペルセウスは、ギリシア神話に登場する半神の英雄である。ゼウスとダナエーの子。妻アンドロメダーとの間にペルセウス(ペルセース)、アルカイオス、ステネロス、ヘレイオス、メーストール、エーレクトリュオーン、ゴルゴポネーをもうけた。死後はアテーナーにより天に上げられ、ペルセウス座となった。

ゼウスがダナエと浮気してできたのがペルセウスである。女神アテナやヘルメースの力を借りて、怪物ゴルゴンの1人であるメデューサの首を取ったエピソードは有名である。このメデューサの首がアテナの盾に組み込まれることになる。バチカンにある「メドゥーサの頭を持つペルセウス」の彫刻は有名である。
その後、人身供与として岩に鎖で縛られていたエチオペア王女のアンドロメダを助け、海獣を倒し、アンドロメダを妻とした。上の絵は、その様子を表したものである。
(絵画で学ぶギリシャ神話・シリーズ)

ギリシャ神話というの日本人が覚えにくい名前がたくさん出てきてなかなかイメージがしくいと言われている。ギリシャ神話は聖書と同じくらい西洋絵画のモチーフとなっているので、絵画を紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

●以下は、ギリシャ神話やギリシャ神話の名画を知るためにおススメの本

ユリシーズ (まんがで読破)
ジョイス バラエティアートワークス
イースト・プレス
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です