マンガで学ぶオペラ – ラ・ボエーム

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – ラ・ボエーム

『ラ・ボエーム』(La Bohème)は、ジャコモ・プッチーニの作曲した4幕オペラで、最もよく演奏されるイタリアオペラのひとつである。

ラ・ボエームは、パリのアパートの屋根裏部屋に住む芸術家の卵たち(ボヘミアン)を主役にした物語である。主人公は、明日を夢想しつつ今日を楽しく生きる男4人と彼らに絡む女性が2人である。ボヘミアンとは、市民社会の秩序にとらわれずに自由に生活する根なし草のような芸術タイプを意味し、ジプシーの異称でもある。そんなボヘミアンたちが19世紀のパリに集まって起こした恋愛悲劇を愛と哀しみでリアルに表現した「涙」の作品だと言われている。
ラ・ボエームを作ったのは、イタリアオペラの三大巨匠の一人と言われるプッチーニである。普通の人々のどこにでもある一場面を「涙」で表現している。そのため多くの人が感情移入しやすいのかもしれない。どこにでもいる人たちの、どこにでもある恋。誰しも経験がある、月並みな、しかし本人にとってはかけがえのない、きらめくような、切ない青春物語である。
(マンガで学ぶオペラ・シリーズ)

オペラは、演劇と音楽によって構成される舞台芸術であり、歌劇とも呼ばれ、海外の小説や映画のモチーフとしてよく用いられている。しかし、タイトルは聞いたことがあっても内容は知らないということも多い。有名オペラのあらすじを紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です