絵画で学ぶギリシャ神話 – パンドラ(パンドーラー)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

pandora01.jpg
Wikipedia – パンドラ

パンドーラーは、ギリシア神話に登場する女性で、神々によって作られ人類の災いとして地上に送り込まれた。人類最初の女性とされる。パンは「全てのもの」であり、パンドーラーは「全ての贈り物」を意味する。プロメーテウスが天界から火を盗んで人類に与えた事に怒ったゼウスは、人類に災いをもたらすために「女性」というものを作るよう神々に命令したという。ヘパイストスは泥から彼女の形をつくり、神々はあらゆる贈り物を与えた。アテナからは機織や女のすべき仕事の能力を、アプロディテからは男を苦悩させる魅力を、ヘルメスからは犬のように恥知らずで狡猾な心を与えられた。そして、神々は最後に彼女に決して開けてはいけないと言い含めて箱(壺ともいわれる)を持たせ、エピメーテウスの元へ送り込んだ。

パンドラは、「パンドラの箱」で有名な女性である。
パンドラが送られたエピメーテウスは、プロメテウスの弟であり、兄からの「ゼウスからの贈り物は受け取るな」という忠告を無視して、彼女と結婚した。ある日、パンドラは好奇心に負け、開けてはいけないと言われていた箱を開けてしまう。そこからは様々な災いが飛び出し、人々を苦しめるようになったというエピソードである。
(絵画で学ぶギリシャ神話・シリーズ)

ギリシャ神話というの日本人が覚えにくい名前がたくさん出てきてなかなかイメージがしくいと言われている。ギリシャ神話は聖書と同じくらい西洋絵画のモチーフとなっているので、絵画を紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

●以下は、ギリシャ神話やギリシャ神話の名画を知るためにおススメの本

ユリシーズ (まんがで読破)
ジョイス バラエティアートワークス
イースト・プレス
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です