全ての輝けるもの – 広瀬 隆雄 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

ヘッジファンドのアナリストである私はある顧客に頼まれてボルネオ島のジャングルに潜入する。元グルカ兵の護衛付きだ。そこで思いがけないものを見てしまう。ソブリン・ウエルス・ファンド、大企業、大統領の一族を巻き込んだ死闘がはじまる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

Market Hackの広瀬隆雄さんのKindleニューヨーク三部作「いきなりニューヨークで面接しろと言われても、困ります」、「「おまえはスーパーモデルを目指せ!」なんて、よくもそんな残酷なことが言えたわね」、「商社マンはガイジンと付き合ってキャリアを棒に振るような真似はしない」に続くKindle作品。
ニューヨーク三部作に比べると期待していただけにちょっと飽きた?感じがした。内容は楽しめたので、たぶん飽きの問題なんだろうと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告