Googleからスパム判定を受けているかチェックできる「手動対策ビューア」を使ってみた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分

グーグル、自分のサイトのスパム判定を確認できる手動対策ビューアを公開 – SEMリサーチ

グーグルは2013年8月9日、自分のサイトが同社からスパム判定を受けているか確認できる「手動対策ビューア」を公開した。本日より日本のウェブマスターも利用可能。
グーグルが定める品質ガイドラインに違反し、不正に検索順位を操作しようとしているウェブサイトに対してグーグルは手動対策(manual action)を実施して、検索結果で上位に表示されないようにしたり、インデックスから削除するなどの対応を行うことがある。こうしたケースでは、サイト運営者は問題の個所を修正したうえで再審査リクエストを実施し、Google に承認をもらう必要がある。
従来、グーグルは手動対策を実施した場合にはその旨を(ウェブマスターツールで提供する)メッセージ機能を通じて連絡していたが、すべてのケースについれ連絡しているわけではなかった。
今回追加された手動対策ビューアは、今現在自分のサイトが手動対策を受けているかどうかを確認することができるツール。ウェブマスターツール画面のメニュー[検索トラフィック]→[手動による対策]から参照できる。
「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」というメッセージが表示されていれば特に問題はない。もし何らかの手動対策が実施されている場合は、その範囲(サイト全体かサイトの一部か)、内容(クローキング、サイトからの不自然なリンク、ユーザー生成スパムなど。詳細はGoogleヘルプページ参照のこと)を表示する。

というグーグルの手動対策ビューアを利用可能になったということで、このブログについても問題ないかチェックしてみた。
結果は・・・・
手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。
ということでほっとした。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告