三鷹阿波踊りを見に行ってきた!

【この記事の所要時間 : 約 2 分


三鷹阿波踊り振興会

三鷹の夏の風物詩「三鷹阿波おどり」が今年も開催されます。市内外、約30の連が華麗な踊りを披露します。

とのことで先週末に三鷹に阿波踊りを見に行ってきた。
阿波踊りを初めて見たが、なかなか良かった。
特に下駄をはいてつま先立ちとなりながら踊る艶っぽい女踊りは見ていて上品でよかった。
Wikipedia – 阿波踊り

阿波おどり(あわおどり)は徳島県(旧・阿波国)を発祥とする盆踊りである。日本三大盆踊りのひとつ。約400年の歴史があり、夏季になると徳島県内各地の市町村で開催される。なかでも徳島市阿波おどりは国内最大規模で最も有名であり、四国三大祭りに数えられる。近年では全国各地で行われるようになってきている。
阿波の国「徳島」が本場であり、「徳島市阿波おどり」(徳島県徳島市)で、毎年130万人以上の人出がある。県内の他の市町村各地でも開催されている。歴史的には本場徳島は江戸初期からの通説もあり、その他県外では、徳島県人会などが中心となり全国各地で踊られていた。また、亜流ではあるが、徳島県及び県人会などの指導により「東京高円寺阿波おどり」(東京都杉並区)の50数年をはじめ、三鷹、下北沢、初台、神楽坂などが40年超、大塚、都立家政、中村橋、糀谷、経堂、小金井、神奈川大和、埼玉狭山ヶ丘などが30年超の歴史を持っている。30年未満では「南越谷阿波踊り」などがある。

Wikipedia にもあるように三鷹の阿波踊りは、40年以上の歴史があるとのこと。













スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告