マンガで学ぶオペラ – カルメン

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – カルメン

『カルメン』(Carmen)は、ジョルジュ・ビゼーが作曲したフランス語によるオペラである。世界的にも一、二を争う人気オペラであり、特に親しみやすいメロディが豊富なことが特徴で、オーケストラ用組曲がしばしばコンサートや録音でも取り上げられるオペラというのは他に存在しない。

カルメンとは、タバコ工場で働く自由を求める恋多き悪女である。そんな悪女であるカルメンに誘惑された田舎出身のドン・ホセは、色香に迷い、婚約者ミカエラを捨て、ジプシーの密輸団の仲間となるが、カルメンの心はドン・ホセから離れていく。しばらくして母親の危篤の知らせを受け、ドン・ホセは心残りだが密輸団離れる。その後、闘牛士の恋人となっていたカルメンの前にドン・ホセが現れ、復縁を迫る。復縁しなければ殺すと脅すドン・ホセに対して、カルメンはそれならば殺すがいいと言い放ち、逆上したドン・ホセがカルメンを刺し殺すというのがあらすじである。
愛欲の溺れ、愛ゆえに男が女を殺す。そんなスペイン風俗を描いた作品である。
(マンガで学ぶオペラ・シリーズ)

オペラは、演劇と音楽によって構成される舞台芸術であり、歌劇とも呼ばれ、海外の小説や映画のモチーフとしてよく用いられている。しかし、タイトルは聞いたことがあっても内容は知らないということも多い。有名オペラのあらすじを紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です