マンガで学ぶオペラ – マクベス

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – マクベス

『マクベス』(Macbeth)は、1606年頃に成立したウィリアム・シェイクスピアによって書かれた戯曲である。勇猛果敢だが小心な一面もある将軍マクベスが妻と謀って主君を暗殺し王位に就くが、内面・外面の重圧に耐えきれず錯乱して暴政を行い、貴族や王子らの復讐に倒れる。実在のスコットランド王マクベス(在位1040年–1057年)をモデルにしている。『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』と並ぶシェイクスピアの四大悲劇の1つで、その中では最も短い作品であり、最後に書かれたものと考えられる。

オペラ「マクベス」は、シェイクスピアの四大悲劇の1つ「マクベス」を原作としているが、ストーリーの細かい部分ははぶかれている。これは、原作の内容を観客が知っているという前提があるからである。マクベスの友人として登場するバンクォーの子孫は、後のイングランド王となるため、シェイクスピアの気配りによって清潔な人物として描かれていると言われている。
あらすじは、Wikipediaから引用した部分で十分であるが、魔女の予言によって野心を持ち、その野心を実行した結果、スコットランド王となったが、前王を陥れて王位についたため精神的に不安定となり、まわりを信用できず、恐怖の虜となり破滅するという物語である。
3人の魔女がマクベスにした予言とは、「いずれ王になる、女から生まれた者にはマクベスを倒せない、バンクォーの子孫が王になる」であった。
(マンガで学ぶオペラ・シリーズ)

オペラは、演劇と音楽によって構成される舞台芸術であり、歌劇とも呼ばれ、海外の小説や映画のモチーフとしてよく用いられている。しかし、タイトルは聞いたことがあっても内容は知らないということも多い。有名オペラのあらすじを紹介しながら登場人物についてエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です