今日は、聖女マグダラのマリアの聖名祝日です。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – マグダラのマリア

マグダラのマリアは新約聖書中福音書に登場するイエスに従った女性である。マリヤ・マグダレナとも転写される。正教会・カトリック教会・聖公会で聖人。
マグダラのマリアは、イエスの死と復活を見届ける証人であるとともに、西方教会では男性原理を重視し組織形成していたため、教義上「悔悛した罪の女」とした。東方教会(正教会)ではマグダラのマリアを「罪の女」と同一視してこなかった。

今日は、聖女マグダラのマリアの聖名祝日である。
マグダラのマリアは、「使徒に等しい働きをした者」、「使徒に次ぐ者」である亜使徒の1人である。
マグダラのマリアには、イエスの足に涙を落し、自らの髪で拭い、香油を塗ったとされるエピソードがあるため絵画などでは、香油壺と一緒に描かれることが多い。また、娼婦をも意味する「罪の女」の異名があり、長い髪をほどいた姿のマグダラのマリアは、乱れた生活を暗示するとともに自由の女性として描かれることもある。
ただ、最近ではマグダラのマリアを「罪深い女」から区別して、その地位の見直しが行われている。
西洋の絵画や映画などの文化をより深く理解するためには、キリスト教の素養が必要であり、その意味で、聖人や聖名祝日についての知識を知っておくと役立つことがある。

すぐに役立つ366日記念日事典[改訂増補版]
加瀬 清志
創元社
売り上げランキング: 40,132
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です