スタンドタイプのキャディバッグが壊れていた!修理できるか?

【この記事の所要時間 : 約 2 分

cadybag_broken01.jpg
久しぶりにゴルフの練習に行ったら・・・スタンドタイプのキャディバッグの脚の部分が壊れていた!スタンドの脚とワイヤーの接合部分が外れてしまっていた。自分で修理できるかとチャレンジしてみたが、これは無理と判断。
ジョイント部分の故障なので固定パーツの破損ということになるかと思う。
いつ買ったものかと調べてみると、2010年03月に購入したものだったので、もう3年以上も経っていた。それならたぶん老朽化ということなんだろうと思う。
修理に出せないかキャロウェイに電話して確認してみたが、このモデルは本体と脚の部分が引っ付いているタイプで脚だけ交換ということができないので、修理対応はできないということだった。
購入後2年以上経っている場合、有償修理になるようで、さらにモデルによっては修理を拒否される場合もあるみたい。。。。
日本のキャロウェイにその商品を送りましたが、修理を拒否されました。 日本販売ではないので対応できないとのことでした。
これなら新しいものを購入した方がよいかもしれない。
脚となる2本をつなぐ線が壊れただけで、手動で脚を広げれば実はまだ使えるので、もうちょっと使ってみながら、少しづつ新しいスタンドバックを探してみようかと思う。
ダブルショルダーのスタンドバッグがやってきた!

軽くて、背負えるスタンドバッグが欲しいと思って探していた。やはり学生向けが多いのかタイトリストがデザインや機能などで優れているように感じたが、探していたのがキャロウェイだったので、なかなかいいのが見つからなかった。ところが2010年の最新版でなかなか良さげなものを見つけたので、購入。
「キャロウェイ XTT スタンドバッグ 10 9.0JV」である。キャロウェイゴルフ独自のXTT(エクストラ・トラクション・テクノロジー)ボトムを採用した多機能な軽量スタンドバッグであり、ダブルショルダー(ダブルストラップ)で背負うことができる。

結構気に入っていたので、残念!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です