今日は、聖王コンスタンチンの聖名祝日です。

【この記事の所要時間 : 約 2 分

Wikipedia – コンスタンティヌス1世

ガイウス・フラウィウス・ウァレリウス・コンスタンティヌス(272年2月27日 – 337年5月22日)は、ローマ帝国の皇帝(在位:306年 – 337年)。帝国を再統一し、専制君主制を発展させたことから「大帝」と称される。
キリスト教を公認してその後の発展の政治的社会的基盤を用意したことから、正教会、東方諸教会、東方典礼カトリック教会では、聖人とされている。

今日は、聖王コンスタンチンの聖名祝日である。
聖王コンスタンチンは、初めてのキリスト教徒皇帝として有名である。
聖王コンスタンチン以前のローマ帝国ではキリスト教が迫害されていたが、キリスト教に信教の自由を与えて公認したことからキリスト教的な見地から聖王として聖人に列聖されている。
西洋の絵画や映画などの文化をより深く理解するためには、キリスト教の素養が必要であり、その意味で、聖人や聖名祝日についての知識を知っておくと役立つことがある。

すぐに役立つ366日記念日事典[改訂増補版]
加瀬 清志
創元社
売り上げランキング: 40,132
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です