パソコンの32bitと64bitの違いとは?

【この記事の所要時間 : 約 6 分

windows7_logo

最近、よくパソコン系の質問で32bitと64bitって何が違ってどちらがいいの?というような質問を聞く。みんななんとなく32bitとか64bitというキーワードだけは聞いたことがあるけど、内容がよくわからないので、簡単に教えてほしいというニーズのようだ。

●32bitとか64bitとかそもそも何?

パソコンに使われているプロセッサ、つまりCPUには、32bit仕様CPUと64bit仕様CPUがある。
そして、OSにも32bitOSと64bitOSがある。
ちょっと紛らわしいが、32bit仕様CPUを搭載しているPCを32bitマシン、64bit仕様CPUを搭載しているPCを64bitマシンと呼ぶ人もいるので注意してほしい。
ちなみにOS上で稼働するアプリケーション(ソフト)にも32bitOSで動作保証しているアプリケーションと64bitOSで動作保証しているアプリケーションがあるが、ややこしくなるのでここでは触れない。
※32bitCPUには、64bitの拡張命令を加えたCPUもある。
※現在発売されているほとんどのPCに搭載されているのは64bitCPUである。

●32bitマシンに64bitOSはインストールできるか?

組み合わせは以下の通りである。
 1.32bitマシンに32bitOSを入れたもの → ○
 2.32bitマシンに64bitOSを入れたもの → ×
 3.64bitマシンに32bitOSを入れたもの → ○
 4.64bitマシンに64bitOSを入れたもの → ○
上記から分かるとおり、32bitマシン(32bit仕様CPU搭載しているPC)には64bitOSを入れることはできないが、逆に64bitマシン(64bit仕様CPUを搭載しているPC)には32bitOSを入れることはできる。
※32bitCPUに64ビットの拡張命令を加えたCPUをつんだマシンには64bitOSを入れることができる。
※現在発売されているほとんどのPCにプリインストールされているのは32bitOSである。

●結局、どっちがいいの?

現在、多くのマシンが64bitマシン(64bit仕様CPUを搭載しているPC)であるので、32bitOSを選ぶか、64bitOSを選ぶかという選択になるかと思う。今は、32bitOSから64bitOSへ移行する過渡期である。
今後は、性能向上として64bitOSに移行するのは時代の趨勢で不可逆だと思う。ただし、現状、
32bitOSでパフォーマンス的に問題が生じる人ははっきりいって少ない。よってわざわざ64bitOSにする必要はないと思う。
現状、32bitOSを勧める理由の1つとして、64bitOS上では動かないまたはインストールできないアプリケーションやドライバなどがあるからというのもある。これは実際、試してみるしかないが、多くのアプリケーションは64bitOS上でも稼働するようになっているらしいが、業務用のアプリケーションや古いプリンタドライバなど稼働しないものもそれなりにある。
ただ、64bitOSにしなければならない人もいるかと思う。4GB以上のメモリだったり、2TB以上のHDDが必要だったり、大容量のビデオカードを使う必要があったり、64bitOS上でしか動作保証をしていないアプリケーションを使っていたりする人である。そういう人は64bitOSを選ぶしかない。
ただなんとなく64bitOSの方が高性能だから・・・という人は32bitOSで十分である可能性が非常に高い。また以下のようなアプリケーションベンダーの考え方というのも頭に入れておくと、普通の人は、32bitOSでいいんじゃねぇ~となおさら思う。
またまた Windows 8 は 32bit か64bit か

一般ユーザ用途ではブラウザとメールが使えればいい、ということになればソフトウェアベンダーが容易に64ビット版アプリケーションを出荷するとは思えません。
ブラウザ以外にも一般的な業務アプリケーション(会計だとか給与計算だとか)があるのだけれど、これらが完全に64ビット化するには、あとワールドカップ3回くらい見ないとダメでしょう。
Windows 8 が出荷されて5年はメインストリームサポートを続けるとなれば、こういったアプリケーションがは2017年以降も存在し続ける可能性があるわけですね。これらの64ビットパワーを使わない業務用アプリケーショベンダーとしては当面32ビットでコードを書いてコンパイルして販売するでしょう。わざわざ動いているものをリスクを負って64ビットでコンパイルしなおすはずはない。

基本は、32bitOSにしておいて、どうしてもという人は、仮想環境を構築してそちらに64bitOSを入れるようにするのが落としどころだと思う。特に業務で使っている人は。ちなみにx86とは32bit仕様のこと, x64とは64bit仕様のことである。
結局 Windows 8 の製品版を入れてみた。 Windows 32 と 64 の違い

Windows7/8 と x86, x64 環境が混在している環境では、集中的な管理は非常に管理コストが上がるということも覚悟しておいたほうが良いようです。複雑な環境ではない別なお客様では Windows 7 移行に伴い徹底的に32ビット化で通しました。大変いい選択だったと思います。

メモリが4G未満の場合はあえて64ビット版を選ぶ積極的な理由はありません。よほどのことがなければ4G(実質3.2G)のメモリを使い切る可能性は少ないわけです。多分、2013年1月現在、販売されている主力の安価なPCが4Gメモリなので、32ビット版を購入するか、アップグレードするにしても32ビット版のほうが軽いし、メリットが大きいでしょう。ただしメモリは価格が暴落しているので増設はいまどきのトレンドなので難しいところです。RAM ディスク化した方がいいかもしれません。
最初から8Gのメモリとかを使っている以上は64ビット版しかあり得ないのですが、デバイスドライバーは全部調べましょう。メーカープリインストールだからと言って、使っているプリンタやスキャナ、TVカードなどが64ビットドライバで、しかもマイクロソフトの証明書付きでなければ、「動きません」とヘルプデスクに言われるだけです。(裏技があってもです)
コンスーマ向けの古くて安いデバイスは買い替えが必要なようです。もしどうしても使いたいデバイスがあるのであれば、Vista/7 の32ビット版とのデュアルブート環境を作るのがお勧めです。

Windows8で32bit版を購入するか、64bit版を購入するかで悩んでいる人は、以下のサイトが参考になるかと思う。
Windows 8の種類を選ぶ-その2 32bitか64bitか

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です