鹿児島の旅 – 仙巌園(磯庭園)

【この記事の所要時間 : 約 3 分


Wikipedia – 仙巌園

仙巌園(せんがんえん)は鹿児島県鹿児島市吉野町字磯にある薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園。別名磯庭園(いそていえん)。敷地面積は約5ha。1658年(万治元年)に第19代当主であった島津光久によって造園され、その後も歴代当主による改築が重ねられてきた。借景技法を用い、桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てた素晴らしい景色と広大な庭園が特徴で、1958年(昭和33年)に国の名勝に指定された。

幕末の歴史の舞台の1つともなった仙巌園(磯庭園)へ行ってきた。

島津斉彬が仙巌園の一部を使ってヨーロッパ式製鉄所やガラス工場をつくり、日本のガス灯発祥の地の1つとも言われている。
廃藩置県によって鹿児島城に代わり島津忠義はこの仙巌園に移り住んだとのこと。

桜島を築山に鹿児島湾を池に見立てた借景は非常にすばらしい。天下の名園の1つだと思う。入園料は大人1人1000円だった。

NHK大河ドラマ「篤姫」にてロケがされた場所を見ることもできるようである。年中行事もやっているようで、春には年始会、流しびな、曲水の宴。夏には花菖蒲展示、変化朝顔展示、七夕飾り。秋には菊まつり、草鹿式。冬には牡丹展示が行われている。

殿さま気分を味わうガイドコースもあるようで、着物姿のガイドが案内し、最後に抹茶とお菓子を頂いて終了というコースのようでなかなかおもしろそうだったがちょっと高かったのでやめておいた。

仙巌園は、島津氏の子孫が経営する島津興業が管理・運営しているようであり、島津興業の代表取締役会長は、島津氏第32代当主である島津修久氏である。

senganen_panf.jpg

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です