鹿児島の旅 – 開聞岳(薩摩富士)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


Wikipedia – 開聞岳

開聞岳(かいもんだけ)は、鹿児島県の薩摩半島の南端に位置する標高924mの火山。1964年(昭和39年)3月16日に、霧島屋久国立公園に指定された 。日本百名山、新日本百名山及び九州百名山に選定されている。山麓の北東半分は陸地に、南西半分は海に面しており、見事な円錐形の山容から別名薩摩富士とも言う。所在地は鹿児島県指宿市。

鹿児島に来て観なくてはいけないスポットが桜島と開聞岳である。桜島は鹿児島市内から大きく見ることができるが、開聞岳は鹿児島市内からは遠いためうっすらとしか見えない。よって車で指宿市まで行ってみた。

感想としては、「行く価値は十分にある!」である。
薩摩半島の最南端であるのでちょっと遠出が必要であるが、薩摩富士と呼ばれる見事な円錐形は見応えたっぷりである。さすがに登山する時間はなかったが、登山道が整備されているので3時間もあれば登り切れるとのこと。
日本百名山に選ばれるだけのことはある。ちなみに桜島は日本百名山には選ばれていない。

知覧の特攻隊員は、開聞岳を何度も振り返って本土に最後の別れを告げたという。じっと眺めていたが、この山には気品が感じられた。
どこからみても円錐形というのはすばらしい。

日本百名山は、ほとんどが標高1500メートル以上の山であるが、標高が1000メートル以下は、開聞岳(924m)と筑波山(877m)だけである。
夜に輝く月と開聞岳も風情がある。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です