鹿児島の旅 – JR日本最南端の駅(西大山)

【この記事の所要時間 : 約 2 分


Wikipedia – 西大山駅

北緯31度11分に位置し、1960年の開業以来長らく日本最南端の駅だったが、2003年の沖縄都市モノレール線(ゆいレール)開業に伴い同線の赤嶺駅(北緯26度11分36秒)にその地位を渡した。その際、「日本最南端の駅」の標柱を「本土最南端の駅」に改めたが、「沖縄は本土ではないのか」という意見が寄せられたため、後に表記が「JR日本最南端の駅」と変更された。なお、現存する普通鉄道(通常の軌条を用いた鉄道)の駅としては従来どおり日本最南端である。

鹿児島には、JR日本最南端の駅である西大山駅があるので行ってみた。場所は、鹿児島県指宿市山川大山で、開聞岳の麓である。

無人駅であり、とくに何の制限もなくホームに入ることができる。駅舎のようなものはなかった。1日平均乗車人員は50人らしい。
駅からは開聞岳が一望でき非常にすばらしい撮影スポットである。

行った時間帯にちょうど電車がきたので、手持ちで急遽バルブ撮影をやってみた。少し動感がでているかな?
ちなみに日本最北端の駅は「稚内駅」であり、日本最東端の駅は「東根室駅」であり、日本最西端の駅は「那覇空港駅」である。

西大山駅のまわりにはほとんど何もなく、畑の中にひっそりと駅がある。駅前にはコンクリートで舗装された駐車場があった。
やはり、西大山駅から見た開聞岳はすばらしい。
特に夕日とのセットは筆舌に尽くしがたい。



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です