ゴルフのルール – スイングの邪魔だったのでOB杭を抜いて打ったら・・・

【この記事の所要時間 : 約 1 分


[ ゴルフルールの問題 ]
OB杭が邪魔でスイングできなかったので、OB杭を抜いてボールを打った場合の正しい処置は?
[ ゴルフルールの回答 ]
2打罰。そのままプレー続行。
OB杭は抜くことを許されていない。ボールを打つ打たないにかかわらず、OB杭を抜いた時点で2打罰である。OB杭以外の修理地を意味する青杭やウォーターハザードを意味する黄杭、ラテラルウォーターハザードを意味する赤杭は、無罰で救済可能であり、杭を抜くことも可能である。
(ゴルフのルール・シリーズ)

ゴルフのルールというのは複雑でなかなか難しいものであるが、競技に出るならば必須である。そんななかなか覚えにくいゴルフのルールをピックアップし、Q&A方式でエントリーしていくシリーズである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です