iPhoneのセキュリティを上げる方法(パスコード編)

【この記事の所要時間 : 約 2 分

iPhone&iPadのパスコードをさらに強力にするワザ

Step1:パスコードを数字4桁ではなく文字列にする
「設定」>「一般」>「パスコードロック」に進みます。パスコードをオンにした状態で、「簡単なパスコード」をオフにします。数字4桁のパスコードを求められるので入力すると、英数字キーボードが表れ、パスコード変更画面になります。
Step2:パスコードにアクセント付き文字を混ぜる
文字列でのパスコードを作成する際に、アクセント付き文字を含めましょう。アクセント文字は設定されているキーを長押しすると表示されます。「E」、「Y」、「U」、「I」、「O」、「A」、「S」、「L」、「Z」、「C」、「N」が使えます。
アクセント文字を含めることで、通常より強力なパスコードを作成できます。これなら上記のように指紋を見られても察知されにくいでしょう。入力する手間は増えますが、セキュリティ面は間違いなく向上します。「盗まれたりなくしたりすると本当にマズい!」というデバイスなら検討の余地はあるかと思います。

iPhoneとiPadのパスコードを強化する方法であるが、このやり方は知らなかった。たしかに数字4桁のパスワードはちょっと微妙だなと思っていたので、文字列を入れるとかなり改善するかと思う。
すでに知っている人やすでに実践している人も多いらしい。
結構みなさん、セキュリティ意識は高いですな。
ちなみに数字4桁のパスワードで最も使われていないのは8からスタートする組み合わせとのこと。参考までに。

iPhone きほんと使いかた iPhone 6s/6s Plus対応 (インプレスムック)
ゴーズ
インプレス
売り上げランキング: 7,055
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です