自己破産の現場 – 岡崎 昂裕 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 3 分

自己破産の現場 (角川oneテーマ21)
岡崎 昂裕
角川書店

年間自己破産件数22万件超の時代。壮絶なる破産の実態と再生へ苦難を描く!
平成14年、自己破産件数は22万件を超え、破産予備軍は200万人とも300万人とも言われている。しかし私たちは、その現実をどれだけ知っているだろうか?悲劇の終着点と切り捨てられる破産の陰には、巻き込まれる家族、苦悩する債権回収担当者、そして復活への険しい道程を歩み続ける破産者の姿がある。破産をめくる壮絶なる「現場」と、その「真実」に迫るドキュメント。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

元信販会社の回収担当者から見た事故破産の現場について書かれている。出版時期は2003年なので、10年前ではあるが、中身は今とそう変わらないと思われるのでなかなか読みごたえがあった。ドキュメントの持つ力強さを感じた。
著者は大手信販会社の出身であるが、大手でもこうなので、中小なら・・・と思わされた。
Wikipedia – 信販会社

信販会社(しんぱんがいしゃ)とは、販売信用を主な事業とする会社である。なお、「信販会社等」と言う場合は、これ以外にメーカー系クレジット会社及び中小小売商団体が含まれる。
主な信販会社
大手信販会社
株式会社ジャックス (北海道函館市)
株式会社オリエントコーポレーション (東京都千代田区)
株式会社セディナ (愛知県名古屋市中区)
株式会社アプラス (大阪府大阪市中央区)
主なメーカー系クレジット会社
自動車メーカー系
国内系
株式会社日産フィナンシャルサービス (千葉県千葉市美浜区)
MMCダイヤモンドファイナンス株式会社 (東京都港区)
トヨタファイナンス株式会社 (東京都江東区)
スバルファイナンス株式会社 (東京都渋谷区)
株式会社ホンダファイナンス (東京都武蔵野市)
スズキファイナンス株式会社 (静岡県浜松市南区)
SMMオートファイナンス株式会社 (大阪府大阪市中央区)
外資系
ビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンス株式会社 (千葉県千葉市美浜区)
メルセデス・ベンツ・ファイナンス株式会社 (東京都港区)
フォルクスワーゲン・ファイナンシャル・サービス・ジャパン株式会社 (東京都品川区)
ポルシェファイナンシャルサービスジャパン株式会社 (東京都目黒区)
ダイムラー・ファイナンシャルサービス日本株式会社 (神奈川県川崎市幸区)
電機メーカー系
日立キャピタル株式会社 (東京都港区)
三菱電機クレジット株式会社 (東京都品川区)
東芝ファイナンス株式会社 (東京都品川区)
シャープファイナンス株式会社 (大阪府大阪市阿倍野区)
三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社 (大阪府大阪市北区)

非常に厳しい業界だと思う。
取り立てる側も取り立てられる側も。
自己破産する前に知っておきたい基礎知識
取り立てられる側として参考になる。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください