WordPressのウィジェットのカスタマイズ

【この記事の所要時間 : 約 2 分

WordPress(ワードプレス)のWidgets(ウィジェット)をカスタマイズする機会があったので備忘録として残しておく。
WP(ワードプレス)は、MT(ムーバブルタイプ)と違って静的なHTMLが出力されずに、アクセスのたびに動的なHTMLが作成される。そのためMTで必要な再構築などが必要がない。そのためかWPのファイルの仕組みを知らないとカスタマイズできないようになっている。
コアファイルの仕組みは以下のサイトなどで理解しておくと楽である。
WordPressのコアファイルの仕組み。3ステップでざっくりまとめ。
WordPressテーマカスタマイズ事始め・基本構造を理解してカスタマイズしてみる
次に、WPに標準装備されているWidgets(ウィジェット)であるが、こちらは、第三者が作ったウィジェットを利用することもできるし、自作のウィジェットを作成することもできる。ウィジェットを自作したい人は以下のページをはじめに見ておくとよいかと思う。
WordPressのウィジェットを自作するためのTips
ウィジェットは、利用中のテーマファイル内のfunctions.phpにコードが書かれている。そのためカスタマイズする場合は、このファイルをカスタマイズすることになる。
カスタマイズは、管理画面側とHTML表示側の2種類を修正することになる。あとはPHPの世界なので、ご自由にという感じである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です