教育幻想 クールティーチャー宣言 – 菅野 仁 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

学校の目的は「すばらしい人を作る」ことではなく、「社会に適応できる人」を育成すること。自由も管理も理想も現実も、こと教育となると極端に考えがち。問題を「分けて考えて」、より「マシな」解決の道筋を見つけよう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

子供の教育における親と教師のそれぞれの目的と方法の違いの教師側としての答えが「クールティーチャー」なんだと著者は書いている。
その通りかもしれないが、それを実現するために(現状を変えるために)親と教師がそれぞれ具体的にどういうことをすればいいのかが言及されていなかった。
ただ内容的には悪くないと思う。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です