キャプテン – ちば あきお (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

キャプテン 1 (集英社文庫―コミック版)
キャプテン 1

posted with amazlet at 12.10.18
ちば あきお
集英社

まったく無名の墨谷二中の野球部に、野球の名門・青葉学院から一人の転校生が入部した。谷口タカオ、二年生。だが実は、谷口は青葉では二軍の補欠だったのだ。大きすぎる期待と実力とのギャップに悩む谷口は…!?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

野球マンガの中で昔から結構好きなのが、ちばあきおモノである。その中でも「キャプテン」はやはりいい。転校生である谷口タカオが、墨谷二中で野球人として人間として大きくなっていく成長譚である。巨人の星世代ではなく、あの手の劇画風のマンガがあまり好みでないので、「キャプテン」はちょうど読んでいて違和感がなくしっくりくる。
途中からはマンネリ化を指摘する声もあるが、いい意味でのマンネリである。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です