幸せになる力 – 清水 義範 (書評・レビュー・感想)

【この記事の所要時間 : 約 1 分

幸せになる力 (ちくまプリマー新書)
清水 義範
筑摩書房

勉強ができなくても、勝ち組じゃなくても、有名人じゃなくても、みんな「幸せになる力」は持っている!人間観察の達人が贈る、親子で読める教育論。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

書評・レビュー・感想

本書の第一対象が、小学生ならびに中学生、第二対象が高校生ならびに大学生となっているので、対象読者ではないが読んでみた。たしかに小中学生向けにはいいかもしれない。
幸せになるための特効薬が書いてあるわけではないけど、読むとそれなりに力になる人はいるかもしれない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です