Oracle11gのパスワードの有効期限

【この記事の所要時間 : 約 2 分

システム開発者が意外とハマるOracle11gのパスワード有効期限

今までOracleを使ってきた開発者がOracle11gを初めて導入すると意外とハマることがあります。
しかもそれはすぐにぶち当たるのではなく、半年後に突然やってきます。
そうです。
パスワードの期限切れです。
Oracle10gまでパスワードのデフォルト有効期限は無期限でしたが、Oracle11gからは180日に設定されています。
セキュリティ上、パスワードを定期的に変更することは正しいことではありますが、開発用ユーザーでは有効期限を無期限にしておきたい場合もあるかと思います。
パスワードの有効期限を無期限にする場合はプロファイルの設定を変更します。
また、既に有効期限切れになってしまったユーザーは、アカウントがロックされています。
その場合はロックを解除する必要があります。

いやーまさにこれにハマった。
SYSが使えなくなったので調べてみると、パスワードの有効期限が切れていた。
Oracle11gからパスワードのデフォルト有効期限が半年になっているなんて知らなかった。
Oracleも正規購入してバージョンUPしているんだから事前に教えてくれてもよさそうなのに・・・・マニュアル読めってか・・・・
より詳しく知りたい方はこちらへ

Oracleの現場を効率化する100の技
鈴木 健吾 玉置 雄大 塩原 浩太 小林 修 大森 慎司 内村 友亮
技術評論社
売り上げランキング: 56,710
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です